酒と飯

酒と飯のメモ

冷し煮干ラーメン

今日は作り始めが遅い時間になってしまったので、なるべく簡単に早くつくることを目標にやってみました。

 

こんなときでも冷蔵庫に水出し乾物スープがあるととても便利です。

今日の乾物スープは昨日の残りなので、鯛煮干、羅臼昆布、シイタケを使っています。

 

香味油とタレだけサクッと作って食べました。10分ほどで出来上がります。

 

冷し煮干ラーメン。

f:id:pasbs:20170731224855j:image

 

作り方はこちらから。

 

 水出し乾物スープです。昨日も冷しラーメンに使いました。

 

 

saketomeshi.hatenablog.com

 

 

f:id:pasbs:20170731224850j:image

 

 

煮干油を作ります。

砕いた煮干とサラダ油を弱火でいい香りがするまで熱します。

焦げると苦くなってしまうので焦がさないように注意します。

f:id:pasbs:20170731224836j:image

 

 

 

煮干油ができたら、油を丼に入れます。

その後、鍋に残ったカリカリの煮干に醤油、三河味醂ナンプラー、塩、水を併せ強火で煮詰め煮干醤油ダレを作ります。

f:id:pasbs:20170731224842j:image

 

 

麺はラーメンの乾麺を使います。

長めに茹でて、冷水でよく洗いぬめりを落とします。

f:id:pasbs:20170731224848j:image

 

 

丼に煮干油と煮干タレを入れ、キンキンに冷えている乾物スープを注ぎます。

f:id:pasbs:20170731224852j:image

 

 

オクラと味玉を飾ってできあがり。

f:id:pasbs:20170731224855j:image

 

冷しラーメンにはオクラの青臭さがよく合います。

温かいラーメンならスープを沸かすときに乾物臭さが飛ぶのですが、

冷しラーメンは良くも悪くも乾物の味がダイレクトに出るので、

ネギやオクラなど青臭い薬味を入れ乾物臭さをマスキングし、

うまみだけを味わえるようにします。

 

めんどくさいので今日はオクラを半分に切っただけですが、

小口切りにしたオクラをスープに混ぜ込むと、こなれた感じになり

スープにとろみがついて麺にからみやすくなるのでオススメです。

広告を非表示にする