酒と飯

酒と飯のメモ

ハモの湯引きと焼き霜造り

いつもの魚屋でハモが売っていました。

 

なかなかハモが売っていることはないので、

自分の勉強になるなと思い購入しました。

 

 

ハモの湯引きと焼き霜造り。

f:id:pasbs:20170824225356j:image

 

 

作り方はこちらから。

 

ハモ。

骨切りはお店でやってもらってあります。

f:id:pasbs:20170824225241j:image

 

 

まずは湯引きから。

氷水を用意します。

f:id:pasbs:20170824225245j:image

 

 

短冊に切ったハモを網杓子に乗せます。

f:id:pasbs:20170824225250j:image

 

 

皮だけお湯につけます。

身が反ってきます。

f:id:pasbs:20170824225255j:image

 

身が反ったらお湯の中に沈めます。

ふわっとしたらお湯からあげ氷水に入れます。

写真撮り忘れました。

 

 

 

 

焼き霜造り。

バットに氷を引いてハモを並べます。

f:id:pasbs:20170824225307j:image

 

バーナーで皮を炙ります。

f:id:pasbs:20170824225415j:image

 

 

皮を炙った様子

f:id:pasbs:20170824225316j:image

 

 

ひっくり返して身もほんのり焦げ目がつくくらいまで炙ります。

f:id:pasbs:20170824225323j:image

 

 

梅ダレを作ります。

ばぁちゃんが仕込んだ何年物かよくわからない梅干しです。美味しい。

f:id:pasbs:20170824225449j:image

 

 

小鍋に三河味醂と梅干しを入れつぶしながら弱火で加熱します。

f:id:pasbs:20170824225456j:image

 

 

梅ダレの完成。

f:id:pasbs:20170824225500j:image

 

 

 

ハモの湯引きと焼き霜造りの完成です。

お酒は萩の鶴です。

f:id:pasbs:20170824225356j:image

 

酒が進みます。

ハモと梅肉、いくらでも食べられそうです。

広告を非表示にする