酒と飯

酒と飯のメモ

ラムジャーキー

ラム肉がいっぱいあったのでジャーキーを仕込みました。

ジャーキーは美味しいのですが、

漬けて干して燻して干してと、手間がかかるのでめったに作りません。

たまにの贅沢ですね。

 

ラムジャーキー

f:id:pasbs:20170910201353j:image

 

作り方はこちらから。

 

まずは漬け汁を作ります。

ソミュール液っていうとそれっぽいですね。

赤ワインと醤油、塩、黒コショウにローリエで漬けました。

材料を鍋に入れて沸かします。

 

こんなガンガンに沸かさなくていいです。アルコールが飛べばよい。

f:id:pasbs:20170910201521j:image

 

 

ソミュール液が冷めたら5mmくらいの厚さに切った肉を1晩漬けます。

焼き肉くらいの厚さです。

f:id:pasbs:20170910201340j:image

 

 

1晩漬けたら1時間ほど塩抜きします。

塩の抜き具合は味見をしてよく確認してください。

出来上がりがしょっぱいと悲しくなります。

端っこをフライパンで焼いて食べてみましょう。

美味しいかな?ちょっとうすいかな?くらいがちょうどいい塩梅です。

f:id:pasbs:20170910201450j:image

 

塩抜きしたらキッチンペーパーでよく水気を切って乾かします。

冷蔵庫に1晩ラップをせずに置いておけば程よく乾燥するはずです。

f:id:pasbs:20170910201348j:image

 

乾燥した肉を燻製にかけます。

ヒッコリーのチップで1時間ほど温燻しました。

燻製のやり方については過去記事の通りです。

 

saketomeshi.hatenablog.com

 

f:id:pasbs:20170910201418j:image

 

 

 

燻製した肉を再度干します。

今回は冷蔵庫に1晩置いて乾燥、その後干し網+扇風機で乾かしました。

ついでに味玉も乾かして後で燻製卵にしてビールのつまみにしました。

f:id:pasbs:20170910201349j:image

 

どこまで干すかはお好みです。

やわらかソフトジャーキーもよし、カチカチの干し肉もよしです。

今回はチョイ固めに干して炙ってから食べました。

 

f:id:pasbs:20170910201353j:image

 

酒が進みます。

広告を非表示にする