酒と飯

酒と飯のメモ

ちょっと真面目に緑豆カレー

先日シンプルな緑豆カレーを作りました。

前回使用したのは

・塩

・バター

コリアンダー

ターメリック

 

saketomeshi.hatenablog.com

 

今回はちょこっと手間と使用するスパイスを増やして緑豆カレーを作ります。

今回使用するのは

・塩

ターメリック

カレーリーフ

マスタードシード

・ヒング

 

ちょっと真面目に緑豆カレー

f:id:pasbs:20170913074934j:image

 

作り方はこちらから

 

 

まずは緑豆を煮ていきます。

さっと洗ってひたひたになるまで水を入れて煮ます。 f:id:pasbs:20170913075001j:image

 

玉ねぎも一緒に煮ます

f:id:pasbs:20170913075014j:image

 

 

ターメリック、塩を入れて煮ます

f:id:pasbs:20170913074953j:image

 

トマトがあればトマトを入れるのですがないのでケチャップで代用します。

20分ほど、緑豆が柔らかくなるまで煮ます。

f:id:pasbs:20170913075033j:image

 

テンパリングの準備をします。

今回はマスタードシード、ヒング、カレーリーフを使用しました。

カレーリーフは焦げやすいので最後に油に通すぐらいのタイミングで投入します。

 

ヒングはあまり聞かないスパイスですが、テンパリングすることによりすごくいい香りになります。

マスタードシードがはじけてきたら緑豆を煮ている鍋に入れて一煮立ちさせて完成です。

f:id:pasbs:20170913074943j:image

緑豆のカレー

f:id:pasbs:20170913074934j:image

 

 

ヒングです。

ジップロックに入れ、さらに瓶の中に入れて保存しています。

f:id:pasbs:20170913075041j:image

 

加熱するとすごくいい香りに変わるのですが、

この状態だと腐りかけの玉ねぎみたいな匂いがするからです。

 

ニンニクや生姜を入れなくてもカレーにコクが出ます。

スパイスからカレーを作っていろいろ試してみたい方にお勧めです。

 

 

 

 

広告を非表示にする