酒と飯

酒と飯のメモ

みんな大好きハンバーグ

たまに無性にたべたくなりませんか、ハンバーグ。

今日はそんな日でした。

 

そんなわけでハンバーグ。

めんどくさいので付け合わせは無しです。

 

f:id:pasbs:20171107215750j:image

 

作り方はこちらから。

 

玉ねぎをみじん切りにしてレンチンして冷ましておきます。

f:id:pasbs:20171107215522j:image

 

冷めた玉ねぎと冷蔵庫でしっかり冷えているひき肉をよく混ぜます。

合びき肉を使いました。

コツは混ぜるときにひき肉の温度を上げないことです。

掌を使って混ぜるとひき肉の脂が溶けてくるので指先を使ってこねます。

めんどくさくなければボールの下に氷を当てながら混ぜるとよいです。

今回はめんどくさいのでしていません。

f:id:pasbs:20171107215534j:image

 

 

肉の粒が無くなってペースト状になるまでしっかり混ぜます。

まず肉と塩だけでよく混ぜてから卵を入れて混ぜます。あればナツメグも。

パン粉は切らしていたので入れません。

ハンバーグというよりステークアッシェに近い感じです。

f:id:pasbs:20171107215538j:image

 

成形して焼きます。

丁寧に成形してタネにひび割れがないようにします。

ひび割れがあるとそこから肉汁がドバドバ出てパサパサのハンバーグになります。

中火から弱火で蓋をせずに焼いていきます。

ときどきフライパンを軽くゆすり、タネの下にまんべんなく油がくるようにして焼きます。

f:id:pasbs:20171107215709j:image

 

タネの8割くらいの高さまで火が通ったらひっくり返します。

f:id:pasbs:20171107215717j:image

 

 

ハンバーグを焼いている間に別の鍋でソースの準備をしておきます。

昨日のトマトソースで使ったトマト缶が半分残っています。

 

saketomeshi.hatenablog.com

 

フライパンにトマト缶と中農ソースを入れて煮詰めます。

f:id:pasbs:20171107215723j:image

 

煮詰まった様子。

f:id:pasbs:20171107215731j:image

 

この辺りでハンバーグが焼きあがるのでお皿に取り分けておきます。

フライパンには肉汁などがこびりついて残っているので、

ここに先程のソースの素を入れます。

f:id:pasbs:20171107215759j:image

 

 

ソースにしっかり肉汁を溶け込ませて、

マスタード、胡椒で味を調えてソースの完成です。

f:id:pasbs:20171107215738j:image

 

お皿に盛りつけて完成。

f:id:pasbs:20171107215750j:image

 

 

今回パン粉が切れていたので入れずに作りました。

しっかりした食感で美味しかったです。

 

パン粉を入れてふわふわのハンバーグ、

玉ねぎやパン粉など一切入れない牛肉100%のステークアッシェ、

今回それらの間みたいな感じの料理になりましたが、これはこれで。

広告を非表示にする