酒と飯

酒と飯のメモ

家二郎ならぬ家マシライス

立川マシマシというお店があります。

このお店にマシライスというメニューがあるのですが、レシピが公開されています。

というわけで作りました。

 

 

家マシライス

f:id:pasbs:20171017114151j:plain

 

 

作り方はこちらから

続きを読む

自家製三升漬けで油あげを食べる

タイトルの通りです。

二ヶ月前に仕込んだ三升漬けの様子を見てみました。

 

saketomeshi.hatenablog.com

 

全体にとろーっとなじんでいていい感じです。

辛いが美味い。麹の甘さもしっかりしています。

f:id:pasbs:20171015232914j:image

 

油あげを魚焼きグリルで焼いて、

f:id:pasbs:20171015232920j:image

 

切ってさらに盛り付けて三升漬けをつけながら食べます。

f:id:pasbs:20171015232926j:image

 

簡単なおつまみができました。

三升漬け、これからの鍋シーズンにいい薬味として活躍しそうです。

Anovaで低温調理したモモ肉

いつもどおりAnovaで低温調理です。

今日は牛のモモ肉です。

 

軽く塩をした牛肉をジップロックに入れ、空気を抜きます。

f:id:pasbs:20171013211622j:image

 

57℃で1時間半。

f:id:pasbs:20171013211631j:image

 

カンカンに熱した鉄フライパンで全面を焼きます。

f:id:pasbs:20171013211641j:image

 

肉を焼いたフライパンに赤ワイン、バルサミコ酢、砂糖、塩でソースを作ります。

f:id:pasbs:20171013211647j:image

 

肉を切ります。

この日はすぐに食べたかったので肉を落ち着かせずに切ったので肉汁が出てしまっています。

f:id:pasbs:20171013211659j:image

 

 

ポテトピュレの上に切った肉とソースで完成です。f:id:pasbs:20171013211711j:image

 

牛肉は56℃~57℃。

何回か繰り返しましたが、この温度が安定です。

モモ肉なら中まで温まる1時間~2時間程度。

バラ肉等スジや脂がある部位なら4時間~

といった感じかな?

 

 

 

 

saketomeshi.hatenablog.com

saketomeshi.hatenablog.com

saketomeshi.hatenablog.com

saketomeshi.hatenablog.com

saketomeshi.hatenablog.com

saketomeshi.hatenablog.com

 

たまごバター

タイトルの通りです。

おうちで気持ちよく飲んでほろ酔い。

でももう少し飲みたいし、簡単なつまみが欲しい。

そんなときにぴったりな一品です。

味付けは塩とバターのみ。

プレーンな卵の美味しさをダイレクトに味わえます。

スキレットをお持ちの方はぜひ試してみてください。

朝食に作ってトーストにあわせてもいい感じです。

 

スキレットに油

f:id:pasbs:20171013212419j:image

 

卵2つ

f:id:pasbs:20171013212425j:image

 

魚焼きグリルで強火で1分ほど。

f:id:pasbs:20171013212430j:image

 

半熟玉子にバター

f:id:pasbs:20171013212436j:image

 

ぐっちゃぐちゃに混ぜて塩少々

f:id:pasbs:20171013212441j:image

 

クラッカーなど適当に。

朝食ならトーストでも。

f:id:pasbs:20171013212443j:image

 

たまごバターを乗せる!

f:id:pasbs:20171013212447j:image

 

簡単、うまい!

 

以上!

ポンテ・レアーレ トリュフ入りモッツァレラ

先日美味しいモッツァレラチーズを買いました。

 

saketomeshi.hatenablog.com

 

その時いっしょに買ったのがこいつ。

ポンテ・レアーレ トリュフ入りモッツァレラ。

f:id:pasbs:20171012191821j:image

 

まぁトリュフ入りとはいえ、

ほんのり香るくらいだろうと思ったらめちゃくちゃトリュフ。

f:id:pasbs:20171012191825j:image

一口かじったら口の中がトリュフの香りでいっぱいになりました。

余韻のミルク感もいい感じです。

 

先日のブラティーナアフミカータとどっちが美味かったかと聞かれたらかなり悩みますがこちらに一票。

 

また買いたいなと思いますが、チーズ屋にもたまにしか入らないとのこと。

こいつはアマゾンで探しても入荷待ちで買えなさそうでした。

 

チーズ屋で見つけたらまた買わなければ。