酒と飯

酒と飯のメモ

萩の鶴 特別純米 無加圧直汲み

近所の酒屋でうまそうな酒が売っていたので購入しました。

萩の鶴 無加圧直汲み 

f:id:pasbs:20170825155817j:image

 

無ろ過生原酒、とか

無加圧直汲み、など

書いてあるとつい買ってしまいます。

 

つまみはハモの湯引きとホヤの三升漬けにしました。

 

saketomeshi.hatenablog.com

 

saketomeshi.hatenablog.com 

f:id:pasbs:20170825155825j:image

 

 

香りはフルーティ、なんだか吟醸香のようなものも感じますがこのお酒、

精米歩合は60%。

吟醸ではないのに不思議です。日本酒のことについてもっと勉強しなくては。

 

飲んでいる間は、ほどよい酸で余韻にふわっと旨みが残る感じです。

舌にべたつく感じではなくあくまで余韻。

 

今回冷蔵庫でキンキンに冷して頂いた感想です。

 

後で常温で味見をしたら旨みが強く感じました。

この辺好みですが、

あまり旨みの強い酒はちょっとだけ好みから外れるので

このお酒は冷して飲むのが私にとっては正解みたいです。

旨みが強いのが好きな方はあまり冷さないほうが楽しめると思います。

 

広告を非表示にする